2019年 06月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       
今日
2019年 07月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
 
 
 
 
 

トップ > 工業用オイル > 作動油20L缶 > テラスS2 M100 作動油 20L缶

テラスS2 M100 作動油 20L缶

シェル テラス オイル (100)
《代表性状》
◎密度(15℃)g/3 ⇒ 0.885
◎引火点(開放式)℃ ⇒ 258
◎流動点℃ ⇒ - 25.0
◎色相 ⇒ L1.5
◎粘度 2/5 @40℃ ⇒ 100.0
◎粘度 2/5 @100℃ ⇒ 11.4
◎粘度指数  100

※代表性状値は、商品の改定により、予告せず
 に変わる場合があります。

 

※こちらの商品は同梱不可です※
1万5千円以上のお買い上げでもお荷物が複数個口になる場合は、2個目以降は送料がかかります。
送料無料はお荷物1個分となります。

※北海道・沖縄への配送は
お荷物個数にかかわらず、1万5千円以上のお買い上げでもお荷物個数分の送料が発生いたします。

 

  • メーカー:シェル
  • ポイント:80ポイント

  • 定価(希望小売価格):円(税込)

  • 販売価格:8,000 円(税込)
  • 数量 :

1万5千円以上は配送料無料(北海道・沖縄除く)

かごに入れる すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 友達にすすめる
  • 商品についての問い合わせ

−耐摩耗性油圧作動油−

シェル テラス オイル は、高度精製基油に、耐摩耗剤、防錆剤、酸化防止剤、および消泡剤を添加した高級耐摩耗性油圧作動油であり、工作機械や鉄鋼圧延設備、その他多くの工業分野の油圧機械に多く使われ、油圧機器のメーカーや需要家各位にその優秀性が認められております。

シェル テラス オイル は、耐摩耗性油圧作動油としての油圧用途以外に軸受、歯車及び一般潤滑個所へも使用することができます。工場設備機械装置類における潤滑及び潤滑油の管理面では、できるだけ少数油種による完全な潤滑給油が要求されますが、このような場合、油圧用途以外にも使用できるシェル テラス オイルの活用は非常に有効です。

■シェル テラスオイルの特徴

1.強力な耐摩耗剤が添加されています

シェル テラス オイル には、厳選した耐摩耗剤を添加していますので、油圧ポンプや装置の寿命を延長することができます。シェルグループその他の研究所での試験結果から、シェル テラス オイルに添加している耐摩耗剤は、ベーンポンプのベーンやリングあるいはギヤポンプの歯面の摩耗進行を著しくおさえることが実証されています。また、この耐摩耗剤は、振幅の小さい振動をうける工業用諸機械に絶えず起こるフレッチィングコロージョンを防止するという利点もそなえています。

2.温度差に対する粘度変化の割合が少ない

シール性能は、優れた油圧媒体として保持していなければならない重要な性質の一つです。
シェル テラス オイルは、広範囲の運転温度条件下で優れた耐シール性能をそなえておりますので、温度条件が広範囲にわたる油圧系統に最適です。

3.錆や腐食の発生を防止します

シェル テラス オイルには、優れた防錆防食効果を示す特殊防錆防食剤を添加しています。
さらに、シェル テラスオイルは、金属表面にすばやく伸展し浸潤する性質を持っているので、全表面を防錆防食膜でおおうことができます。

4.酸化安定性が優れています

シェル テラス オイルは、高度精製基油にさらに強力な酸化防止剤を添加していますので、化学的な分解が起きにくく、酸やスラッジの生成傾向を最小限に抑えることができます。

5.あわ立ちや乳化を起こしにくい

油圧ポンプの振動や不規則な運転の原因の一つには、キャビテーションやその他の原因での「あわ」の発生が影響しています。シェル テラス オイル には、これを適正に防止する消泡効果の高い添加剤を加えてあります。また、シェル テラス オイル は、万一油圧系統内に入った水と乳化しにくいよう対策をとっております。

6.適用範囲が広い

シェル テラス オイル は、一般の用途にも使用できます。たとえば、自動制御装置や動力伝達系統における循環または油浴給油の軸受潤滑に適しています。したがって何種類もの用途に適用できることから、油種を減らし在庫管理を容易にし、潤滑に係わるトータル費用を軽減することができます。

■使用上の注意

▽機械および潤滑油を長持ちさせるため、新油をタンクに張り込む前に必ず装置のフラッシングを行ない、
内部及び潤滑箇所を清浄にするとともに、使用中も異物が混入しないように機器のメンテナンスに
充分留意してください。
また、他銘柄との混合使用は油の性能低下をきたすことが考えられますのでできるだけ避け、
止むを得ない場合は、時期をみて早めに一度全量交換することをおすすめします。

■取扱上の注意 ▼下記の注意事項に従ってお取扱いください。

主用途

工業用潤滑油

 

 

取扱上の
注意事項

目に入ると炎症を起こすことがあります。取り扱う際は保護眼鏡を使用する等目に入らないようにしてください。
皮膚に触れると炎症を起こすことがあります。取り扱う際は保護手袋を使用する等、皮膚に触れないようにしてください。
ミストを吸入すると気分が悪くなることがあります。呼吸器具等を使用してミストを吸入しないでください。
●飲まないでください(飲み込むと下痢・嘔吐します)。
●容器から油を取り出すときは、必要に応じてポンプ等を使用して下さい。細管を用いて口で吸い上げないでください。
子供の手の届かない所に置いてください。
●容器は切断・穴あけ・溶接等の加工・加熱及び加圧はしないでください。爆発、引火等を起こすことがあります。

応急処置

●目に入った場合は、直ちに清浄な水で刺激がなくなるまで十分に洗浄したのち、医師の手当を受けてください。
●皮膚に触れた場合は、水と石けんで十分に洗ってください。
●ミストを吸入した場合は、新鮮は空気の場所に移し、身体を毛布等で覆い、保温して安静に保ち、医師の手当を受けてください。
●飲み込んだ場合は、無理に吐かせず、直ちに医師の手当を受けてください。

廃油
廃容器の処置

●処理方法は法令で定められています。法令に従い適正に処理してください。不明な場合は購入先にご相談の上処理してください。

保管方法

●ゴミ、水分などの購入防止のため、使用後は密栓してください。
●直射日光を避け暗所に保管してください。

ページトップへ